一般社団法人 青森県さく井地質調査業協会

協会概要

一般社団法人 青森県さく井地質調査業協会は、建設事業に係わる基本的に必要な具体的に言えば不等沈下・斜面崩壊・地すべり・液状化など災害対策等の外一般市民の生活に密着した地盤問題等地質・地盤の調査を業としている、県内の地質調査(さく井も含む)業者及び県内に営業所を設置している業者が、それぞれ持ってる個々の情報を共有することにより、県内の地質・地盤の状況を把握し、そして会員の技術の向上と併せ会員の健全な経営を目指すことを目的に相い集い、さく井地質調査業協会を立ち上げた。

これまで任意団体であった協会を、平成15年6月有限責任中間法人に平成21年5月に一般社団法人として法人登記を行い今日に至っている。

この間、地質に関する技術講習会・地盤工学に関する技術講習会・経営に関する講習会そしてさく井技能士受験のための準備研修会等を開催、会員のみならず県内の同業者への技術向上に努めている。

また、国の出先機関・県及び出先機関・市町村へ「さく井地質に関する要望」活動を行っている。

協会には、総務委員会・技術委員会・広報委員会の3委員会を設置して、それぞれ活動をしている。